ブログトップ

するろぐ @駿河工房

surulog.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 23 )   > この月の画像一覧

キス天

 工務課の池谷です。
キスがポツポツと釣れているというので、吉田港に
チョイ投げ釣りに行って来たダニ。
情報どうりホントにポチポチだったダニ!
e0308821_221196.jpg

一時、冷凍保存しておいて、今日三枚におろして天ぷらにしてみました。
e0308821_2253036.jpg

e0308821_2291343.jpg

天ぷらを揚げたのは今回で2度目だったので、美味しそうには見えないけれど
味は良かったダニ。ホント
月曜日は設計課の渋谷さんです。
by surulog | 2014-05-31 22:19 | | Comments(0)

静浜基地 航空祭2014

企画営業課 今井 です。

先日、女房が日曜出勤だった為、お休みをいただいて子供達と1日一緒にいました。久しぶりに1人で子供2人をみる事になったのでどこに行こうか考えていると、女房から 『今日、静浜基地で航空祭やるよ!』との事・・・これは良いと!会場まで行って来ました。静浜基地は女房の実家から近く航空祭は遠目からは見た事があったのですが実際会場に行くのは初めてでしたので、どんな雰囲気だろうと思っていました。会場についてまず驚いたのは人の多さです。迷彩の服を着た人もいたりとこの航空祭の人気ぶりが伺えます。
e0308821_2093657.jpg
▲高機動車に乗りご満悦な娘2人

人でごった返していましたので会場内の地上展示の飛行機もあまり見れなかったですが、陸上自衛隊の高機動車が展示してあり大人ながらに興奮して乗ってしまいました。HUMMER1を彷彿させるこのフォルムが大好きで1度乗ってみたいなと思っていました。
e0308821_20123850.jpg
▲高機動車(左)・H1(右)wikipediaより引用


娘2人はやはり女の子で飛行機やヘリコプターを見てもあまり関心がないようでしたが高機動車に乗れて大満足のようでした。今回ブルーインパルスの展示飛行がなかったのが残念でしたが、私はかなり楽しめました。また機会があれば行きたいです。

明日は、工事課 池谷さんです。お楽しみに!!
by surulog | 2014-05-30 20:20 | 暮らし | Comments(0)

長持ちしてます

工務課 鈴木です。
f0128427_1946846.jpg

会社で使用しているトラックが
333333キロしかもガソリン車!!
いつ壊れてもおかしくなく毎日ビクビクしながら乗っています。
意外にエンジンは快調でまだいけるのかと思う毎日ですが
運転中何があるかわかりませんので、
気をつけて運転中です。  
明日は営業課今井さんです。
by surulog | 2014-05-29 13:00 | Comments(0)

2014 hawaii

e0308821_17392873.jpge0308821_1739399.jpgsurugakobo.Yデス。ハワイにはカウアイ島、モロカイ島、ラナイ島、オアフ島、マウイ島、ハワイ島とありますがその中で3番目に大きいオアフ島は別名「ギャザリング・プレイス(集いの島)」とも呼ばれています。ハワイ先住民の伝統と価値観に東西の文化が絶妙に融合し、古いものと新しいものが見事に溶け合った魅力いっぱいの島。エメラルド色に輝く海と美しい白砂の続く海岸線。スローな時間の流れ・・沢山の笑顔や人の優しさに触れた旅でした。
明日は工務課鈴木さんです。
by surulog | 2014-05-28 13:00 | 情報 | Comments(0)

ガンダム カフェ

工務課、佐藤です。
e0308821_23142345.jpg

e0308821_23142188.jpg
e0308821_23145113.jpg


先日、東京に出張があり、その帰りの新幹線に乗るまでに
時間があり、少し東京駅をぶらぶらしました。
そうしたら、ガンダム カフェを発見!
予想外の発見に、テンションが上がり、
いろいろ、お土産を買ってしまいました。
息子にもお土産を買いましたが、
予想外の言葉が、帰ってきました。
お父さんばかり、するい!俺も今度連れてけと!
チョット、複雑な感じでした。
お土産は、良かったのか?悪かったのか?

次は、surugakobo.Yさんです。
by surulog | 2014-05-27 23:24 | 情報 | Comments(0)

「ichi-go ichi-e」

e0308821_1411747.jpg
設計課 小笠原です。
駿河工房のOB、 流木作家ゝシルスさんの個展の開催のご案内です。
「ichi-go ichi-e」
日時:6月13日(金)~6月18日(水)
11:00~19:00(最終日18:00迄)
会場:OHNO CAMERAWORKS ギャラリーとりこ
静岡市葵区駿府町1-46
tel 054-252-2364
15日(日)13:00~15:00 と15:30~17:30の2回、
「モビール制作ワークショップ」も開催されます。
※定員は各回10名、参加費  2000円
海に流れ着いていたもの、道端に転がっていたもの、
一期一会の出会いからうまれた作品たちの
展覧会(販売も有)です。
世界に一つだけの楽しい作品達をぜひご覧ください。
明日は工事課佐藤さんです。
by surulog | 2014-05-26 14:02 | art | Comments(0)

極みプリン

工務課 副島です
最近、よく甘いものが食べたくなり、チョコレートなどよく買っています
一気に食べ過ぎるとせっかく体重が減っているのにリバウンド
してしまわないように 小分けの物を1粒2粒と食べています。
先日、東名のサービスエリアで見かけた 極みプリンを迷わず
買ってしまいました。  めちゃくちゃおいしくてとろけるプリンでした。
e0308821_1813662.jpg

またサービスエリアに寄ったときに買おうかと思います。
次は来週月曜日  設計課 小笠原さんです。
by surulog | 2014-05-23 18:03 | | Comments(0)

OM総合保証 改訂基準書 勉強会 

企画設計課 山崎です。

OM総合保証 木造軸組工法 設計・施工基準及び解説書
の改訂が完了し、その勉強会に参加してきました。
e0308821_0171613.jpg

基礎工事から外壁工事まで
付箋を貼り、アンダーラインを引きの繰り返し
改訂点を含め細かく解説してもらい大変勉強になりました。
e0308821_0173194.jpg

講師は、中村真也さん
以前OMラボ木構造研究会で大変お世話になった
設計から施工までのスペシャリスト
独特の喋りで淡々と解説してもらい、
寝る間も与えてもらえませんでした。

早速明日からの設計に役立てようと思います。

明日は 工務課 副島さんです。
by surulog | 2014-05-22 23:55 | 建築 | Comments(0)

「暮らしの愉しみ」 が 人の人の心を豊かにする幸せの時間

企画営業課 松浦です。
4月20日(日)
「すんぷらんぷ」の三好さんを講師に迎え、「オリジナルらんぷを作ろう!」のワークショップ開催しました。
e0308821_21532915.jpg

まず好きな小瓶をチョイスして頂いてから、用意された素材で小瓶をコラージュしていきます。
e0308821_2154251.jpg
e0308821_2213517.jpg

素材選びも楽しいランプ教室。どんな作品が生まれるのでしょう。
e0308821_2201574.jpg

最後に8色のカラーのオイルからお好きな色を選んでオイルを入れて完成☆
らんぷ作りに夢中になる皆さん。
e0308821_2233397.jpg
自分だけのらんぷを作りながら、灯りを灯したシーンも暮らしの中に想像しながら楽しそう。

もちろん灯油でも火はつくのですがすすが付いたり、灯油独特の匂いがあるのであの匂いが苦手...という方はお色もキレイな専用オイルがおすすめ♪

これからも、暮らしを彩るステキなイベント&ワークショップを開催しますので、ぜひ駿河工房HPでイベント情報をチェックしてみてくださいね。(只今リニューアル中)

いつもお世話になっているBaratee(バラッティ)05-06 4月30日発刊【住宅特集】にも掲載していただきました。絶賛配布中です♪ぜひ手にとってお持ち帰りください。
e0308821_2243722.jpg
e0308821_2245143.jpg


明日は設計課、山崎さんです。お楽しみに♪
by surulog | 2014-05-21 22:15 | イベント | Comments(0)

フィクションとしての『永遠の0』

企画営業課の村松です。


小説はベストセラー、映画は大ヒットとなった『永遠の0』。
その感動の世界を経験した方も多いのではないでしょうか。

映画を観た人からは感動で涙が止まらなかったと聞きました。
そして小説でも同様の感想を耳にしています。
それほどの作品ならばと、まずは小説を手に取りました。
e0308821_0384539.jpg

この物語は、ある姉弟が特攻隊員だった実の祖父の存在を知り、その軌跡を辿るところから始まります。
主人公(祖父)が国の為に死ぬことを美徳とする世相の中で、妻と子の為に生き抜こうと飛行技術を磨き、数々の戦場の中をくぐり抜けながらも、最後には自ら特攻として死を選択してゆく姿が感動的に描かれています。
しかし、最後まで読み終えた時、どうしても消化不良の感が拭えませんでした。
私には、生きることに執着する前半の主人公と自ら死にに行くラストの主人公がどうしても同一人物とは思えなかったのです。

この物語はフィクションであり、作者は戦争体験者ではありません。
もちろん読者である私も戦争の何たるかを知るものではありません。
生きるか死ぬかの極限を経験していない作者と読者の私が真に共感するのは無理があるのかもしれません。

もし、特攻で死んでいった者たちがこの小説を読んだなら、どのように思っただろうか。
不可能なことではありますが問うてみたい気持ちです。

あくまでフィクションとして、娯楽作品としての映画を楽しむのは良いと思います。
しかし、これが戦争だと思うには、早計な判断を生む危険も含まれている気がしてなりません。


明日は企画営業課の松浦さんです。
by surulog | 2014-05-20 21:36 | 文学 | Comments(0)