ブログトップ

するろぐ @駿河工房

surulog.exblog.jp

欲しかった!「北の国から」DVDマガジン

企画営業課の村松です。


2月28日、「北の国から」DVDマガジンが創刊されました。

「連続ドラマ」全24話と「ドラマスペシャル」8作品を初めて完全収録したDVDです。
e0308821_00331274.jpg
私にとって待ちに待っていたDVDです。

というのも、ドラマの内容自体も好きなのですが、特別な思い入れのある作品なのです。

生まれて初めて両親と観た最初で最後のTVドラマでした。

子供の頃は夜遅くまで商売をしていた父とTVドラマを観れるはずもなく、
中学、高校では親とテレビを観ることさえありませんでした。

それが東京の大学に入って冬休みに帰省した時、コタツに入って初めて両親とそろって観たのが「北の国から」でした。

両親と一緒に観たドラマは、後にも先にも「北の国から」だけです。

そのためでしょうか。

「北の国から」を観ていると、決まって早くに亡くなった父のその時の顔が思い出されるのです。

ドラマの中の父・黒板五郎(田中邦衛)と私の父とは見た目も性格も違いますが、背中で感じる圧倒的な存在感は共通しているものがありました。

だからこそ、「北の国から」は私の中でも故郷を感じる唯一の作品なのです。

そんな「北の国から」のDVDマガジンを書店で手に取りながら、そっと元に戻しました。

今はお金も時間もここには使えない。

父の顔を思い出しながら、苦渋の決断です。

それでもいつかはDVDを手にする日が来るのを願いながら・・・。


明日は企画営業課の松浦さんです。


by surulog | 2017-03-02 23:46 | かけがえのないもの | Comments(0)
<< 卒業 餅まき >>